狩野アユミのBlog

漫画家・狩野アユミの雑記と活動情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:--

≫ EDIT

フランス行ってきました

インテお疲れ様でした、スペースまでお越しくださった方ありがとうございました。
本人不在ですみません…

急なことですが、思い立ってフランスに行っておりました。
寒波とかデモとか色々心配はあったのですが、なんとか無事に帰ってこれました。
というか、天気も治安も心配していたほど悪くなく、平穏な旅でした。

以下、写真を交えつつちょっと旅行記などを


まず日本を発つ時点でトラブル。乗り継ぎ便を利用してパリに行き、一晩寝て翌日早朝からシャンパーニュ地方へのツアーの予定だったのですが、乗り継ぎ便、エンジン修理で予定時間に飛ばず。
このまま修理を待ってたら翌日のツアーに参加できなくなりそうだったので、夜遅くに出るフランス直行便に振り替えてもらい、空港内でひたすら待つ。トム・ハンクスが空港に住むあの映画思い出した…。成田で10時間ほどつぶした後飛行機へ。
翌朝5時くらいにパリのホテルに着いて、寝ると起きれなくなりそうだったので寝ずにシャンパーニュへのバスツアーへ。夜行バスで東京にやってきて、寝ずにイベントみたいな…デジャブのある状況でした。

▼シャンパーニュ地方、ランスの大聖堂
IMG_0189.jpg
でかーい。
代々のフランス国王が戴冠式した教会。ジャンヌ・ダルクに縁のある地でもあります。
外より大聖堂の中が寒かったです。
この前後にシャンパンの工場で工場見学と試飲してて、ずっと飛行機待ち+飛行機+寝てない+はらへりのコンボで高速で酔っ払いました。

ホテルに帰って倒れて寝て、翌日ユーロスターに乗って国境越え、イギリスはロンドン日帰りの旅です。
伯爵カインやアリスにどっぷり漬かった中二的イギリスへの憧れでつい…。でも街中を見るのはそこそこに、ノッティングヒルのポートベロー通りへ。土曜日にアンティークマーケットが立つので、そこに買い物に行きました。

▼ポートベロー・マーケット
IMG_0231.jpg
アンティークだけでなく、食べ物の屋台なんかも出ててお祭りっぽいです。あといわゆる「蚤の市」なんですが、若い人も多くて印象的でした。こうやって古いものをみんなで大事に使ってきたんですね、素敵ー。
ヴィクトリアオタクが高じて、ナプキンリング(食卓のナプキンを丸めて留めておく銀の輪)やシール(封蝋に貴族の紋章を押すための物)などの使い道のない物を買いそうになりましたがガマン!18~19世紀の物らしい、ピンブローチなどを買いました。1本2000円くらい。あと1950年代のビーズのバッグ。60年前のものとは思えないくらいきれいでした。私も大事に使います。

あともういっこ大事な目的、本場のアクタヌーンティーです
▼ケンジントン庭園横、ホテルロイヤルガーデンのアフタヌーンティーセット
IMG_0252.jpg
この3段トレイにはスコーンとケーキしか乗ってませんが、サンドイッチはこれの前に別皿で来てます…。お茶は1リットルくらい入ってて、とても豪快な量でした。ホテルのティールームですが気さくで、英語もあやしいアジア人の観光客の空気を読んで接客してくれました。ありがとうございます…言葉がわやわやですみません。
てっぺんのスコーン、ナプキンのお布団に入っているのでいつまでもホカホカです。あったまいい!

▼しあわせの断面
IMG_0255.jpg
クロテッドクリームも惜しげもなく出てました。さすが本場!あとベリーのジャムがすっごくおいしかったです!たぶん冷凍じゃない生のベリーを使ってるからだと思います。市場でもたくさん生のクランベリーやラズベリー売ってていいなあと思いました。

またユーロスターでパリに戻って倒れて寝て、翌日は昼過ぎに起きて(さすがに前半ハードにしすぎました)文句があるならベルサイユへいらっしゃい…!

▼ベルサイユ宮殿
IMG_0281.jpg
ありえない広さと豪華さ。あまりの広さに、鏡の間もプチトリアノンも見ないで帰ってしまいました…。
離宮であるプチトリアノンまで歩くのに1時間半かかるってなんだよ…。

パリに戻ってガレット(そば粉の食事クレープ)食べて就寝。この頃になるとだいぶ和食が恋しくなってきてました。どの食事もおいしいんだけど、毎食粉・油・チーズはつらいっていうか…そして思いのほか塩分足りないっていうか…。東北の塩辛い食事に慣れた舌がフランス革命起こしそう。

翌日はぶらぶらパリ散策。パリぶら。

▼ギャラリー・ラファイエット屋上から見たパリの街並
IMG_0385.jpg
ルーブルや凱旋門をひたすら歩いて巡った…。後半競歩のような苦しさ。

途中のど渇いて、カフェでオレンジジュース注文したら、絞り機に5.6個オレンジをぶっこんで絞った生絞りジュースを出されてびっくりした。ええええもったいなくないの??と思ったんですがフランスは食料自給率100%越え、オレンジなどプロヴァンスやバレンシアからガンガン来るからいいらしい。濃縮還元ジュースしかない日本とは違うな…。
フルーツは全体的にフランスの方が安くておいしいと思いました。あとパン!表面がパリパリどころかバッキンボッキンみたいな硬さなんですが、中はしっとりしておいしい。あとパン自体が割と塩味強めでした。

でもいいかげん和食食べたくなって

▼パリの西友的スーパーで購入したSUSHI
IMG_0406.jpg
なぜかネタはサーモンしかない。たまにエビ。そして米はなんか日本のと違う。
あと何より高い…。右上の一番ちっちゃいパック、煙草の箱くらいの大きさしかない…
でも醤油と、日本から持って行ってたインスタント味噌汁にすごく癒された。

でもパリ市内にはあやしげな日本食のお店もたくさんあって(なぜか必ず焼き鳥とSUSHIのコース)SUSHIの宅配専門店も見つけたので、日本食流行ってるんだなあと思いました。
みんなそんな高くてちょっと違うSUSHI食べてないで、日本に来て回転寿司行こうよ!安いし種類いっぱいあるよ!とパリの空に叫びたかった



…とこんな旅でした。出だし色々ゴタゴタしましたが、楽しい旅でした。
寒さはお天気にめぐまれ、たいしたことなかったです。
フランス語も英語もさっぱりなので苦労しましたがまた行きたいです。
今度はもうちょっと勉強してから行きます;

あと、お見せできる写真をまとめてzipにしました。
写真はへたくそですが、フランスやイギリスの雰囲気がちょっとでもお伝えできればと
思います。

1週間程度しかDLできませんが、よかったらご覧ください。
フランス旅行写真ZIP
※2次配布・加工利用はご遠慮ください

後はお仕事頑張ります!

| 日常 | 03:31

COMMENTS














TRACKBACK URL

http://bloomb.blog113.fc2.com/tb.php/366-980300ff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。