狩野アユミのBlog

漫画家・狩野アユミの雑記と活動情報など

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:--

≫ EDIT

独グリ海外版

独裁グリムワールは海外でも刊行していただいてます。献本で送っていただいた海外版を写真撮ったのでご紹介します。
s-写真-12-12-27-21-46-47

今手元にあるのは日本版、台湾版、フランス版、ドイツ版2種です。なんとドイツ版はハードカバーの豪華版があるんだぜ。漫画なのにハードカバー!

まず台湾版からご紹介。
s-写真 12-12-27 21 47 13
タイトルは「格林魔導書」。なんとなく意味はわかる・・・!
「灰姑娘」で「シンデレラ」のようです。帯のアオリは「どうしてシンデレラが男なの!?」的な意味と聞きました。「男生」がすごく気になります。おとこなま///
あとコミックスの付録にクリア素材のイラストカードと、表紙の絵を使ったメモ帳がついてます。向こうはコミックスは付録盛りだくさんで売るものなのかな?

中身はこう
s-写真 12-12-27 21 48 20
読めない!
でも描き文字やPNはそのまま。台湾は行ったことがあるんですが、街中や雑誌でけっこう日本語を見ました。ひらがなカタカナは読めるのかもしれません。

台湾版あらすじから学んだこと:シンデレラ→灰姑娘 白雪姫→白雪公主 赤頭巾→小紅帽


お次は愛の国フランス版
s-写真 12-12-27 21 48 38
表紙はほぼそのままです。タイトルは日本版の横にもついてる英語版。フォントがかっこいい

中身
s-写真 12-12-27 21 49 52

描き文字は日本語の横に現地の言葉。

仏版あらすじから学んだこと:シンデレラ→Cendrillon 白雪姫→Blanche-Neige 赤頭巾→le petit Chaperon rouge
サンドリヨン、ブランシュネージュ、プティ・シャプロンルージュ・・・フランス語で言うだけで、なんででしょうすごくお耽美!トレビアン!


ドイツ版。通常版表紙写真撮り忘れました;表紙はカバーではなくペーパーバックなんですが、タイトルが金箔押しです。ゴージャス。
そして輪をかけてゴージャスな豪華版。ハードカバー。
s-写真 12-12-27 21 52 19
タイトル箔押し+紫の部分はマットPPで絵の部分はニス引きです!すごい!(同人やってる人にしか伝わらないかもしれないすごさ)
タイトルは「GRIMMS MONSTER」です。
グリム兄弟のお国なので、通じやすいタイトルにしていただいたみたい。

本文の紙もちょっといい紙です。そして本文の前に

s-写真 12-12-27 21 51 54
カラーページが。
手元にある独グリのカラーをかき集めて送りました。こんな感じで3巻まで出していただけるとのことです。ありがたい・・・!ドイツの皆さん!ダンケ!!だんけしぇーん!!(せいいっぱいの知ってるドイツ語)
s-写真 12-12-27 21 51 17

独版あらすじから学んだこと:シンデレラ→Cinderella 白雪姫→Schneewittchen 赤頭巾→Rotkaappchen
・・・・読めない!!

ちなみに現在ドイツ滞在中のフォロワーさんから、本屋さんにあったよご報告いただきました。新刊コーナーで、なぜか銀魂の隣!日本では出版社ごとに並べるので、ヒエエ恐れ多くもありえない並びだ!と思ったら

「雑誌順でも出版社別でもなくキッチリABC順に並べてあるんですよ」

とのことでした。GINTAMAの横のGRIMMS MONSTER・・・
なんだか・・・なんだかとっても超ドイツ!!!!

今手元にあるのは以上ですー
北米版がそのうち出るかもなので、また出ましたら紹介します。

■おまけ■
追憶のジェイドのイタリア語版です
s-写真 12-12-27 21 52 43

s-写真 12-12-27 21 54 50

描き文字はもともとあったのを消して、似た感じの文字で書き直してくれてます。私はデータ原稿なのでその作業は比較的容易な気がしますが、手書き原稿の描き文字はどうするのか・・・私、気になります!
右上の人はこの漫画版のオリジナルキャラクターでジャスパー・カドガン氏です。ジェイドの士官学校の同期。いい人です。ちょっとかわいそうになるレベルのいい人です・・・。

と、海外版を見ては脳内海外旅行に出かける日々です。
お出かけ先の国で見つけたらぜひお手に取ってくださいね~

| 日常 | 20:46

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。